クラウン 値引き額

クラウンの値引き額は、2018年6月26日に発表の15代目の新型クラウンは現在「0~5万円」の値引きとメーカーから指導が入っているようです。

新型クラウンは、全グレードにT-Connectが装備され、トヨタセーフティセンスも最新式のものが装備されるなど、装備が充実するのですがその分価格も旧モデルよりも割高になっています。

当サイトでは、新型クラウンを少しでも安く買うための値引き交渉方法に加え、値引き交渉以外の方法で新型クラウンの購入総額を安くする方法を紹介していきます。

新型クラウンを安く買う方法

新型クラウンは値引き交渉をしても、メーカーからの指導もあるため値引きはあまり期待できません。

クラウン本体からの値引きが厳しいのであれば、オプションのサービスなどで実質的な値引きを狙うのもいいのですが、新型クラウンを安く買うためのもっと効果的な方法があります。

それは、今まで乗っている車をディーラーに下取りに出さずに買取業者へ売却する方法です。

セールスマンをしていた頃もそうでしたが、買取業者はほとんどのケースでディーラーの下取り査定額より高い査定額を付けます。

例えば、こちらの「かんたん車査定ガイド」という買取業者への一括無料査定サイトには、ディーラーと買取業者の査定額を比較すると、「135万円」も買取業者が高く査定してくれたという実例が掲載されています。

>>かんたん車査定ガイド

私が知っている例でも、7年乗ったボルボが買取業者でディーラーよりも「140万円」高く買取業者で査定が付いたという実例があるくらい、買取業者ではびっくりするような高額査定が付くことがあります。

ディーラー査定は「ボッタ○リ」と言っても過言ではないくらいだと、私は思っています。

ディーラー査定が安い理由

ディーラー査定が安い理由は色々ありますが、一つは「査定にそこまで真剣じゃない」ということが挙げられます。なぜかと言うと、ディーラーでは車を買ってくれる人からは、ほぼ確実に下取り車を買取することができるからです。あえて高い査定額を提示する必要がありません。

また、車を買取後の再販ルートにも違いもあるので、買取業者の方が高額査定になりやすいのです。

買取業者の選び方

買取業者は確かに車を高く査定してくれるのですが、自動車業界にいた私にとってもできればお付き合いしたくないような業者がいたり、買取する車の得意、不得意が業者によって変わります。なので選んだ買取業者で必ず高額査定になるとは限りません。

そこで、活用したいのが先程の「かんたん車査定ガイド」のような一括無料査定サイトです。

あらかじめ登録された信頼できる買取業者(ここ意外と重要です)、複数に対して一度に査定依頼ができます。実際の査定は複数社と行うことになりますが、最初に自分で業者を選ぶ時間、自分で複数の業者にアプローチする時間の短縮になります。

値引き交渉に使うはずの時間の一部を一括査定に使ってみれば「かんたん車査定ガイド」での実例のように「100万円」以上高く今の愛車が売却できるかもしれません。

下記に、私が個人的にピックアップした一括無料査定サイトをまとめました。依頼できる業者の数やサイトの信頼度などを基準にランキングにしているので、こちらも参考にしてみていただければと思います。

一括無料査定サイトランキング

1位 かんたん車査定ガイド

公式サイトはこちら

45秒で終わるかんたん入力
・情報入力後すぐに愛車の概算の査定額が画面で確認できる
・最大10社に査定依頼
・運営は東証一部上場の「エイチーム」

公式サイトはこちら

2位 ズバット車買取比較

公式サイトはこちら

全国の150社から厳選した最大10社に一括査定依頼
・電話でのカスタマーサポート付き
・サービス運営のウェブクルーは比較サイトを多数運営
・累計利用数は100万人以上

公式サイトはこちら

3位 カーセンサー.net簡単ネット査定

公式サイトはこちら

・リクルートが運営
公式サイトに「車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54」が掲載
・買取価格の目安になる中古車相場価格が車種別に掲載

公式サイトはこちら

管理人プロフィール

元トヨタディーラーセールスで元査定士。退職後も自動車業界に関わる仕事をしています。自動車販売の慣習なども踏まえて、クラウンを安く買う方法を解説します。

© 2018 クラウン 値引き rss